読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

角端出るまで頑張るCOJPブログ

"COJ Pocket"の【今】を伝える絵日記です。

アグロネクロ考察② 取捨選択のお話

ゲーム シャドウバース

前回に続いて【アグロネクロ】の記事になります。

後半は主観全開で「このカードは使わないよ!」というだけですので≪ネクロ≫構築に自信のある方、カード批評に抵抗のある方は飛ばしてもらって結構です。

 

=採用カード=

【ソウルコンバージョン】

【スカルビースト】を割って≪ネクロマンス≫貯蔵、顔面殴った【ゴースト】に使ってハンド補充が主な用途です。自ら盤面を減らす動きですので弱いと感じる場面や“撃ってはいけない場面”が存在する為、必須ではないと考えています。

 

【デモンストライク】

4コスト≪スペルカード≫と重さが際立つ1枚ですが3枚必須です。

守護フォロワーの除去や相手のライフ調整、フィニッシャーとしての活躍が期待できます。次ターンの動きを想定しつつ、ハンドの“質”を維持しながら使えるようになると勝率が上がります。

 

【カースドソルジャー】

顔殴り専用機でありフィニッシャーとしての用途のみです。相手のライフが10以上ある時に使う価値は全くありません。【デモンストライク】の下位互換であり2枚です。このカードに≪進化≫を付けて相手フォロワー除去なんてのはこのデッキの最弱ムーブです。

 

ギルガメッシュ

グダりつつある試合をさっさと決めてくれる影のエースです。≪アグロ≫構築には良く見るカードですので今となっては意外性は無いでしょうね。必須ではないです。

 

8コストという事で【デュエリスト・モルディカイ】と比較されがちですが、なんてことはない4枚目の【ファントムハウル】です。細かく条件が異なるものの、どう話そうが≪疾走≫が強いという事実に帰結します。

 

余談ですが終盤に【ファントムハウル】、【カースドソルジャー】、【デモンストライク】、そしてこの【ギルガメッシュ】さんのうち2枚のハンドを維持して“ラストどちらを出しても勝てる”状態を数多く作れるようになると楽しくなります。

 

 

=非採用カード=

 【デッドリーウィドウ】

【アグロネクロ】にはよく積まれるカードですね。採用しない理由ってのはあまりありません(^_^;)

【ファイター】さんと同じカードという認識です。無理矢理入れない理由挙げるなら≪ネクロマンス≫6消費が【ファントムハウル】や【レッサーマミー】、【カースドソルジャー】に影響及ぼすくらいでしょうか。

 

例えば

手札に【デッドリーウィドウ】と【ソウルコンバージョン】、7PP、相手ライフ4、EPあり。という場面で【ファントムハウル】か【レッサーマミー】引ければ勝てるんだけど【デッドリーウィドウ】出した段階で≪ネクロマンス≫足りなくなるから出しても意味ない・・・という状況が起こり得るかなあ

 

ネクロマンス消費がデメリットに感じる場面は正直少ない、かといって後半に4-4で立てる事が必ずしもメリットになるわけでもなし、結局【ファイター】でよくなります。取るに足らない話なので晩御飯の事でも考えてた方がマシですよ。

 

【消えぬ怨恨】

≪アグロ≫に入れない方がいい≪スペル≫その1です。

≪ネクロマンス≫2消費はあらゆる場面で引っかかります。いらぬ消費で過剰焼きをしている暇も余裕も【アグロネクロ】にはありません。

 

【腐の嵐】

入れない方がいい≪スペル≫その2。

もはや言うまでもありません。除去してる暇があったら相手殴っとけ。

≪ミッドレンジ≫やコントロール軸でも扱いが難しいカードが≪アグロ≫に入るわけがない。

 

【死の祝福】

その3。

≪アグロ≫だろうと≪ミッドレンジ≫だろうとまずはこのカードから・・・というくらいの強力なカードではありますが、今回は見送りましょう。

 

6コストという事は6ターン目以降に出せるカードですね。同コスト帯の他職カードで比較できるのは【海底都市王・乙姫】や【クイーンヴァンパイア】あたりでしょうか。≪ネクロマンス≫消費で合計スタッツが6-9、全て守護持ちというのは強いですね。

 

しかし、ここで前回の内容を振り返ってみましょう。

6ターン目には試合を決められる。そう書いたつもりです。

 

まさか勝ち確からわざわざフォロワー並べる人はいないと思いますが、ここで着目してほしいのが、6ターンという短期決戦の勝負に出ているのに中盤固めるカードに意味があるのかという点です。ないんですね。

 

マリガンの事故のもとにもなります。≪アグロ≫にとっては序盤の立ち上がりが一番大事であります。中盤まで出番が無く、ようやく出ても顔にダメージを与える術のないカードは必要ありません。お守りは【ギルガメッシュ】さんだけで十分です。

 

また前回の内容と被るのですが、6ターン目以降に展開したフォロワーはAoEの影響を受けやすいです。【ジャンヌダルク】や【ファフニール】には耐えられるかもしれませんが、【テミスの審判】、【黙示録】、【灼熱の嵐】は勿論、2Pickで注目が増してきた【アルケミックロア】にも刺さっています。苦手を更に広げ、得意なハズの相手にもアドバンテージを渡す事になりかねません。

 

と、3つのカード(とりわけ祝福に対して)の悪口を言ってきましたが、憎たらしいとかの感情で書いてるわけではなく、根底には≪ネクロマンス≫を最小限に扱いやすいデッキを作りたいという考えがあっての事です。

≪ネクロマンス≫9あれば勝てるって思えば簡単に見えませんか?

 

 

 

 

後攻2ドローとアグロネクロ考察①

ゲーム シャドウバース

今回アグロネクロの記事を書くにあたり、前提として話さなければならない事があります。

 

前回の記事でアップデートに伴う【収穫祭】の修正について書きましたが、もう一点≪後攻2ドロー≫については触れていませんでした。ルールに即したデッキ作りはランクマにおいて重要な意味を持ちます。

 

先攻有利の中での後攻ハンド強化

先攻が強いのはターン交代性のカードゲームの常です。先攻に比べて場に出すタイミングが遅れる為に後手に回ってしまうのだから当然ですね。

 

私がよくやっていたCOJというカードゲームにおいても初手のドロー枚数を減らす代わりに初手コストを増やしたり、イベント戦でお試しルールでやってみたり、やっぱりまだ後攻不利だから後攻+1コストから引ける枚数も元に戻したりなど、頻繁にルール変更がなされています。この件に関してはシャドウバースでも同様に紆余曲折・試行錯誤があるだろうし、ユーザー間でも様々な意見が出ると思います。楽しみですね。

 

さて、ルール変更によりゲームバランスに変化は起きたでしょうか。

「後攻2ドロー壊れwww」とか「先攻不利すぎ!」とかも聞きますが、私自身は良くてイーブンだと感じています。手札(ハンド)が増えて楽になったのは確かですが。

 

唐突ですが、ここで先攻≪ロイヤル≫の理想的な動きの一例を挙げます。

・1表【ブレーダー】

・2表【不屈の兵士】or【歴戦のランサー】

・3表【フェンサー】

・4表【ホワイトジェネラル】

 f:id:douguchisp:20160830160752j:image

このゲームで嫌われている一連の先攻ゲーですが、これ≪ミッドレンジ≫を名乗っていながら中盤までにほぼ試合が決まっていますね。ルールが多少変わってもこれメチャクチャ強いです。

 

先攻がフォロワーを早く立てられる強みというのが変わっておらず、変化したのは

・後攻側の選択肢の数が増えた

・後攻の事故率が緩和された

この2点です。後攻が引ける分の+1枚というのはあくまで先攻が1ターン早くカードを引いて動ける事に対するハンドのみの“補填”だと考えます。

しかしながら

「マリガン事故ったけど2ドロー目で1or2コストフォロワーを引いて助かった」

2ドローによってこの可能性が生じるのは大きいですがね。

 

「ロイヤルクソゲーに対抗する為に守護持ち多めにすればいいじゃないか!」という意見も出そうですが、それは構築段階での話です。

 

ここからが本題。

 

初手から圧倒できる≪ロイヤル≫のような型が未だに強いなら、後攻からでも事故率軽減を活かして動けるデッキを選ぶのがそのまま新環境への対策になるのでは。

こう考えた結果が≪アグロ≫でした。

 

 

 

 f:id:douguchisp:20160830135138p:image

 

これはA3からAA昇格まで使用した【アグロネクロ】ですが、これはただ昇格デッキどや~で済ませません。"こだわり"あります。

 

=基本戦略=

1~3T

pp通りに出していき対戦相手の顔に突撃させます。

(先攻時の対エルフ以外にはフォロワー除去を考えません)

 

アグロなので初手からガンガンってのは言うまでもありません。後攻時の利点を活かす為の1コスフォロワー7枚体制です。このゲームで1裏、2裏にしっかりとフォロワーを立てる動きは時として先攻を上回るアドバンテージを生みます。相手に除去をさせる流れを強制させましょう。

 

【スケルトンファイター】さんの初手起用については≪ネクロマンス≫溜めてから出すかどうかで各々見解が違います。私は基本的に1Tに1コストがこれしかなければ迷わず出します。ただし後攻で相手に1-2フォロワーを立てられた場合は出しません。

 

ピン刺しの【ゴブリン】さんですが、実は以前は【ガブリエル】の枠でした。後半に居残りフォロワーに≪進化≫以上の効果を与えてくれる強力な【ガブリエル】さんですが、初手でお迎えしてしまうと非常に気まずいです。【ゴブリン】に替えてから非常に穏やかに過ごせています。

 

【ファイター】さんは急用で来れなくなった【スパルトイサージェント】の穴を埋めてくれる秘密兵器あり彼を外すなんて論外です。敬意を払いましょう。

 

 

 

4T

重要な盤面です。先攻は変わらずフォロワーを並べて顔を狙いにいくのですが、後攻の場合【悪戯なネクロマンサー】の進化がチラつきませんか。

 

5-4になった本体で死なない程度に相手フォロワーを除去し、分散したタフネス1のフォロワーにゴーストをぶつける。確かに強いですが【アグロネクロ】を握っている以上相手に除去させる動きがベストです。

 

具体的には4裏であっても盤面に残った1、2コストフォロワーに進化を使って打点を稼ぐ事が最善手となります。

 

5T 

安定の【ケルベロス】着地。

ですが注意点があります。

 

・手札に【ファントムハウル】がある

・【ケルベロス】より場のフォロワーに進化を使う

 

この2点です。

ケルベロス】の役割はフィニッシュの火力を上げる事です。進化して相手の4-5に突撃するのは悪手です。多少不利でも3-3着地行動終了して問題ありません。

 

このターンにすべき事は相手の体力を11に減らす事です。

 

ケルベロス】が無い場合では【悪戯なネクロマンサー】と【ソウルコンバージョン】のお家芸だったり、【レッサーマミー】で顔殴りが候補に挙がります。

 

6T

うまく動けていればこのターンに終わります。

ここまでの準備で

・相手ライフ11以下≪守護≫なし

・手札に【ミミ・ココ】、【ファントムハウル

・≪ネクロマンス≫4以上

 この条件が整っていれば見事勝利です。おめでとうございます。

 f:id:douguchisp:20160830164746j:image

 

≪疾走≫から大ダメージコンボの代表例として【リノセウス】がありますが、あちらは大量のプレイポイントと手札が必要です。

6コストでの≪疾走≫持ちには【ダークドラグーン・フォルテ】 がいますが、こちらは7点止まりです。ハンド差や手間を考えると完敗ですが、ダメージだけなら圧勝ですね。

 

以上が勝ち筋の一つ目です。キーカードが来なかったり、序盤からフォロワー立てられなかったり、ぶん回ってる先攻≪ロイヤル≫に轢き殺されたり、ハゲや【漆黒の法典】で≪ラストワード≫部隊を処理されたりと、いつも上手くいくわけではないにしても他のデッキよりは事故が少なく“やりやすさ”を感じています。何より爽快感があって楽しい。

 

実際は11点ダメージに拘らず、【カースドソルジャー】さんや【デモンストライク】等の直接ダメージも駆使して戦う事になります。

 

前回の記事で「アプデ以降ドラゴン増えたね~」という話をしたと思いますが、このデッキ【ミッドレンジドラゴン】にもよく刺さります。まあ≪アグロ≫が中速・鈍足に強いのは当たり前ですけどね。

A3からは7連続≪ドラゴン≫とか露骨に増えてきだして、ちょっとオイシイ思いをしてました。お前らどんだけ乙姫に恨みあるんだよってくらい【ファフニール】に焼かれましたね。

 

 

 

 

他職≪アグロ≫には無い最大の利点

“強力なAoEにおびえなくて良い”

 

このデッキでは場が流されて困る心配を極力取り除いています。

【灼熱の嵐】、【デモンストーム】、【黙示録】、【テミスの審判】

全体除去としてよく見るカード。≪ロイヤル≫目線だとアレルギーが出そうな並びです。

 

これらが使われるターンに場に残っているフォロワーたちは大方役割を終えています。除去されても≪肥やし≫が増えた分だけメリットとなります。加えて相手は高いコストを払っている為盤面が貧弱な事が多く、自動的に≪疾走≫持ちにとって最適な土壌となります。

正直ファントムもマミーも強すぎる。

 

デッキ相性・苦手カード

≪消滅≫と≪守護≫を多く使用されるとよわい。

 

必然的に≪ビショップ≫とは不利です。≪ネクロマンサー≫がそもそも苦手としている部分はどうしても覆せません。

 

特に3表【教会の護り手】

  4裏【鉄槌の僧侶】進化

  陽光置いての【大修道女】や【光輝ドラゴン】

これらがこのデッキへの模範解答となります。

 

ニュートラル≫にも天敵【ゴブリンマウントデーモン】がいます。

単体のみ3-7でそのまま立ってくれている分には【悪戯なネクロマンサー】進化でお釣りがくるのですが、きっちり進化してこられると辛いです。

“ゴブマウ3回進化でアグロ死亡” 古の伝承です。

 

一番厄介なのは【裁きの悪魔】です。≪復讐≫状態からのドレイン+高耐久は実質【ゴブリンマウントデーモン】2体分です。対≪ヴァンパイア≫は比較的有利に戦えるのですが、【裁きの悪魔】の対処を誤るとそれまでの“準備”と“勝ち筋”を失う事になるので要注意です。

≪ディーラー≫軸の【復讐ヴァンパイア】なんかで【裁きの悪魔】を重ねられるともう最高にムカつきますね。

 たかし君と楽しく20を数えるお勉強をしている時に横から通行妨害やら勝手に数を足されたりしたらムカつきません?

 

 

ざっくり各デッキ相性まとめ

・エルフ

  苦手です。冥府が~というより序盤から簡単に自陣フォロワーを除去されていく流れが一番マズイです。【エンシェントエルフ】を警戒した立ち回りが求められ、【リノセウス】はフリーパス状態なので仕留め損ねると厄介です。不利ではないが≪ビショップ≫よりたちが悪い。

 

・ロイジ

 上記のようながっつり先攻ゲーされると返せません。それ以外なら勝ち越せます。

【悪戯なネクロマンサー】の使い方と【ロイヤルセイバー・オーレリア】の対応をしっかり考えましょう。

 

・ドラゴン

 相手が≪ミッドレンジ≫ならばお客様、≪アグロ≫なら引き勝負です。≪疾走≫で削りきった方が勝ち。相手はフォルテ連打でいい分ハンド面で有利です。

 

・ビショップ

 けさないで

 

・ヴァンパイア

 おらつき短期勝負です。先におらつける分アドバンテージがあります。

アグロと気付かず【漆黒の契約】を立て不用意に致死圏内に入ってきた相手には手痛い顔面パンチをお見舞いしましょう。安全圏以上に≪回復≫を優先してくる相手だと辛いですが、ふとした自傷から勝ちの目が見える事もあるので“リーサル”をいつでも忍ばせておきましょう。

 

・ネクロマンサー

 ≪ミッドレンジ≫にも一般的な≪アグロ≫よりも安定して試合運びができる編成にしてますが、後半はスペルカードの差で捲られます。

 

・ウィッチ

 相手のソリティアがうまくいけば負けます。

 

今回はこれで終わります。

長々と書いた割に結局ミミ・ココ、ハウルが強いってだけでしたね。

次は今回意図的に書かなかった他の採用カードと“不採用カード”の事を書きますが少し荒い内容なのでここで区切らせてもらいます。 

 

 

 

 終

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫祭ナーフ後の環境雑記 ~冥府エルフをすり抜けドラゴンへ~

ゲーム シャドウバース

記事一発目から環境の話をしたいと思います。

日が浅いとはいえ、このゲーム初の大幅改革といって差し支えない部分に触れない訳にはいかない。

 

8月のアップデートhttps://shadowverse.jp/news/important/news-0029に伴い、【収穫祭】2pp→4ppのコスト変動と≪後攻初手2ドロー≫の変更がありました。

 f:id:douguchisp:20160826161810p:image

豊穣に感謝を。

 

アプデ前の環境といえば、Tier1に【ミッドレンジロイヤル】、【冥府エルフ】が君臨し、続くTier2にコントロール系のデッキが控えていた時代でした。

 

今更説明するまでもありませんが、安価なCIPシナジーで盤面の整理・強化と手札を満たす≪エルフ系≫のカードに加え、【新たなる運命】で墓地肥やしも兼ねたデッキ回転をしながら【冥府への道】、【リノセウス】などでフィニッシュを狙うデッキが【冥府エルフ】です。【冥府】だけじゃないのがミソですね。

 

このデッキの根幹を担っているのは

・豊富な除去手段とゴミになったフェアリーを有効活用できる【新たなる運命】

・並んだフェアリーを戻しつつ盤面まで強化できる、一度で二度おいしい【エンシェントエルフ】

です。【収穫祭】についてはこれらを引くための重要なドローソースとなってました。

 

以前の理想的な動きとしては

初手に1pp、2T目に【フェアリーウィスパラー】or【森荒らしへの報い】、加えて【収穫祭】が選択肢に入っていて、マリガンのキープ基準に【収穫祭】を推しているプレイヤーも少なくはありませんでした。事故率が高く、比較的扱いづらいこのデッキにとって「カードを1枚引く」というワードはとても魅力的です。

2T目の盤面は貧弱になるものの、以降≪毎ターン+1枚≫の算段が整っていれば強力なアドバンテージになり得ます。

 

アプデ後は【収穫祭】を2T目に出す事は不可能ですし、特に試合の中で自然に着地できる

4T目≪1pp+1pp+収穫祭≫

5T目以降≪新たなる運命+適当な一枚+収穫祭≫

という流れができない又はやりづらくなりました。

 

ここで抑えておきたいのは、良し悪しは別として単純なコスト上昇により自由度が大幅に下がった事であり、【収穫祭】を継続して使い続けるには以前よりハンドアドバンテージが圧倒的に低下したという事実です。≪エルフ≫は意図して弱体化されました。

 

コントロール系デッキの台頭

アプデ発表後、【ミッドレンジロイヤル】と5分とまで言われた【冥府エルフ】の実質的弱体が予期された事により≪ロイヤル≫への対抗策が求められていました。中でも【コントロールビショップ】、【コントロールヴァンパイア】については【テミスの審判】、【黙示録】等の強力なAoEを持っている事に加え、【冥府エルフ】に不利が付いていたデッキであった為に素直な解答として急増が予想されました。

 

アプデ前後で私のマッチングしていた層はA0の20,000ライン弱からAA帯の40,000付近の人までいましたが確かにこの2人のリーダーはよく使われていました。まあ≪ロイヤル≫が一番多いんですけども。

 

次回アプデまで≪ロイヤル≫、≪ビショップ≫、≪ヴァンパイア≫の三すくみかと思っていたのですが情勢は全く別でした。

 

 

 

 

 

「冥府エルフつええええええええええ」

 

長々上で前置きしといてこれだよ。全然落ちる気配無いよなんだよこれ。

 

ランク上がるにつれて対面のプレイングも比例して上昇していくのは分かるけど本当に現環境で【冥府エルフ】握っている人は上手さがある。【収穫祭】を落とした枠に何入れるか考えるのを楽しむだけのしたたかさがある。

 

【収穫祭】による過剰なアドを消して他の【冥府】系のデッキ同様に【新たなる運命】の純粋な引きに任せる部分を残せたという意味では運営の目論見大成功でしょ。恥ずかしく言えば、にわかには到底扱えず強者のみに与えられしちからって感じ。

 

あと増えたのがね≪ドラゴン≫です。【冥府エルフ】には大型疾走のお家芸と【ミッドレンジロイヤル】には【ファフニール】と【灼熱の嵐】で両方見れるからでしょうかね。

 

また、≪ヴァンパイア≫からの【黙示録】については大型フォロワーなら残るし、サタン頼りの所謂≪陽光型ビショップ≫よりも早くサタンを着地できる点は≪ドラゴン≫エアプの私にも強そーに見えますね。

 

【ミッドレンジネクロ】、【アグロネクロ】についても増加傾向ですが同じだけ≪ビショップ≫も増えてきているので粛々と清められてますね。そんな中≪ネクロ≫を握ってたり次の記事は【アグロネクロ】だったりします。

 

 

 

 

ブログ開始挨拶

はじめまして音ゲーマーです。

 

この度"シャドウバース"においてAAランクに到達しましたのでブログを始めました。

f:id:douguchisp:20160826083759p:image

 

日々"シャドウバース"を遊んでみての楽しさや環境の話、あったまるポイントなどなど書いていくつもりです。

 

堅い話おわり〜

f:id:douguchisp:20160826083732p:image

 

ツイッターやってます

http://twitter.com/douguchisp